06-6123-7797 大阪・神戸・京都・東京・名古屋・沖縄
03-6811-1460 東京・神奈川・埼玉・愛知

広告

GoToキャンペーン

感染防止

ウーバーイーツ(Uber Eats)の仕組み

飲食店 店長のやるべきこと

求人 委託給食で栄養士、調理師

飲食店の客単価アップするぜ!のコピー

飲食業界からキャリアチェンジするには?

 キャリアチェンジ 

できすぎ店長
できすぎ店長
やあ、のび君
転職って考えたことあるかい?
て、店長!!
転職なんて、考えたことないですよ!
一生このお店で、働こうと思ってますよ!汗
のび君
のび君
できすぎ店長
できすぎ店長
のび君、そんなに焦ることはないよ笑
実際飲食店からのキャリアチェンジを考えている人が多いんだ
そのことについて少しお話ができればいいかなと思ってね
そういうことだったんですね〜安心しました〜
僕みたいな飲食経験しかない人間でも
次に活かせるスキルがあるのかな
できれば色んなことに挑戦してみたいな〜
のび君
のび君

 

飲食から転職するには?

 
未経験からでも活躍できる職種・業界を紹介していきますね!

飲食で働いている方の中には、
•他業種への転職は難しいのでは?
•やったことのない事ばかりじゃないのかな?
•転職活動はどのようにすれば、スムーズにできるのかな?

といった悩みを抱えている方々も多いにおられるのではないでしょうか?

確かに人生やライフスタイルが掛かった、大事な転職ですので不安になられるのは、
当然の事ではないでしょうか。

飲食からの転職を成功させるためには、これまで培ったスキルを活かせる仕事や、
未経験からでも活躍できる仕事を理解しておくことが何よりも重要ですのでご説明していきますね。

転職のプロとして多くの方のキャリアチェンジを支援させてもらってきていますので、
飲食業からの転職を成功させるための具体的ノウハウを詳しく解説していきます。

———————————————
<2020年8月:最新情報>
コロナショックによる経済状況の変化に伴い、採用を控える企業が続出しています。有効求人倍率は毎月下がり続けており、転職の難易度は高まりつつある状況です。
企業はこれまで以上に厳しい目で採用候補者を見極めるようになっているため、書類や面接の準備を徹底しなければなりません。
転職を検討されている方は、選考通過率を高めるためにも、転職のプロの力を借りることをおすすめします。
まず担当者から連絡が来たら、面談または電話で簡単に状況を伝えアドバイスをもらう
1. 一番相性の良さそうな担当者だったところで、本格的にサポートを受ける
未だかつて誰も経験したことのない事態だからこそ、周囲よりもいち早く行動を開始し、戦略的に転職活動を
行っていくことが重要です
———————————————
Career Theory より引用

転職したい理由・抑えておきたいこと

まずは 飲食から転職する前に考えておきたいことをいくつかピックアップして
状況を把握しておきましょう。

飲食から転職する前に考えておきたいことを以下の順で説明します。
•1-1. 飲食を辞めたい理由ってなんですか?
•1-2. 違う飲食店に移るという選択肢
•1-3. 飲食から他業種への転職もできる

それでは、それぞれ見ていきましょう。
1-1. 飲食を辞めたい理由ってなんですか?
飲食業は、昔からですが、基本的に長時間労働になりやすく、特に拘束時間が長いですね。
休日や連休が少なめの職場が多いため、家族との時間やプライベートが充実しないので
「辞めたい…」と考える方が一定数いる業界であるのは暗黙の了解という事実にちかいかもしれませんね。

ここでは、飲食を辞めたくなる理由を口コミで見ていきましょう。

休みが月5日!責任だけはしっかり背負わされていました。
A 氏
飲食店の店長時代
・休みは月5日
・労働時間200時間越えは当たり前 (もちろんサビ残笑)
・社員という名の重責、日々の管理業務や持ち帰りで仕事もありました。
人間関係だけは良好でしたが、これをこの先続けていけるか?
と思い自分は転職を決意しましたね。

労働と賃金が見合っていなさすぎる

B 氏
「飲食業界」は日本社会を代表するブラック業界。
理由はいろいろあるけど単純にいえば労働と賃金が見合ってないことに言葉が尽きますね。

体力・精神に限界が訪れて、気が付けば・・・・
C 氏
飲食業界は、
・人間関係悪い
・体力的に酷使されますよね、朝は早いし、夜も遅い
・低賃金、時給計算をしてみたら驚いて、声も出ませんでした
・きついノルマ
・パワハラ、モラハラは当たり前に横行していますね
体力・精神のうち、どちらかが遅かれ早かれ限界が来る。

纏めてみると、こんな感じになります!
• 休みがない、拘束時間や労働時間が長い
• 労働と賃金が合っていない(時給計算すると、最低賃金を下回ってる!?
• 人間関係が難しい、古くから居ている人がいていると、その人がルールブックになっている
• 力のいる仕事が多く、特に納品物や鍋など、体力的に大変でぎっくり腰になったこともあります。
• パワハラやモラハラ、場合によってはアルハラも存在もあるみたいですね

こうして見てみると、とても過酷な業界なんですね

• 休みがない
• 労働と賃金が合っていない
• 人間関係が難しい
• 力のいる仕事が多く、体力的に大変
• パワハラもある

違う飲食店に移るという選択肢も存在しています。
今の職場での仕事に多くの悩みを抱えていると思いますが、
まずは他の飲食店に移るというのも一つの手段です

というのも、昔から飲食店は慢性的な人手不足であり、業態も多く、
選択肢から選ぶことができるため、
待遇や職場環境のより良い職場を探し当てて、移ることで、
あなたの悩みを解決できるかもしれないからです。

飲食から他業種への転職もできます!
飲食店での経験は、なかなか他業種への転職で活用できないという人もいますが、
とんでもございません!
飲食店での仕事を通じて培ってきた、
あなたの人柄やコミュニケーション能力、忍耐力、精神力はもちろんのことですが
数値管理や教育能力、飲食店で培われたスキルはどんな仕事でも応用できる立派な武器です。
今の飲食店から他業種への転職に成功した方の口コミです。
お客さんの店員に対する態度や対応が全く違いました。
D 氏
数ヶ月前にフードコート内の飲食店から靴販売店に転職をしました、取り扱いの金額が違うためか
やっぱりお客さんの店員に対する態度が違いすぎる。
支払金額が多いだけで、飲食の接客とはこんなに違いをかんじるとは思いませんでした。
仕事していてこんなにいい思いできるとは思わなかったです。

転職して気が楽になった
E 氏
私は以前飲食店で働いていたのですけど、
・職場に古参の方が仕切っていて、その空気に中々馴染めませんでした。
・調理だけの仕事と聞いていましたが、結果的に接客もと舞いましたのでお客とのお話はキツかったです。
・自分のペースで仕事をしたいのですが、忙しい時には追い打ちを掛けられるように急がされました。
こういう感じで毎日消耗をしていました。
でも転職して今は運送業で働いていますので、
ほとんど一日を1人で仕事をしますので、気持ちが軽くなり、ストレスは依然よりも感じなくなりましたね

あくまでも、個人の感想ですが、状況的には共感をされる方も多いのではないでしょうか?

上記からもわかるように他業種へ転職することで今の悩みをすっきり解決ができる可能性もあります。
飲食からの転職におすすめの職種・業界を紹介してみましょう。

飲食からの転職におすすめの職種・業界
あなたが飲食業で培われてきたスキルや能力を最大限に発揮できる業界や業種の一部をご紹介
していきます。
 営業  

営業職

 
飲食からの転職で最もおすすめなのは、営業職です。
なぜなら営業職は未経験でも挑戦でき、飲食で培った対人スキルを最大限に活かせて、即効性で活用できる。
また、ほとんどの業界・企業で営業職は必要となるため、
営業職の求人は非常に多く、比較的転職しやすいと言われています
など、多岐にわたって営業職というのは有りますので、あなたにぴったりの営業職がきっとあるはずです。
営業職の平均年収
• 法人営業:452万円
• 個人営業:425万円
とはいえ未経験スタートの場合は、年収300-350万円ぐらいとなります。

一人でお仕事をされたい方向けには
タクシードライバーとい選択肢も一つになりますので、事例をご紹介いたします。
F氏
前職は串揚げ屋で接客をしていました。規模は小さいですが、長年続いているお店でした。
お客さまに心地の良い空間で食事を楽しんで頂きたい、という思いで働いていました。
しかし繁盛店で忙しく、時間をかけた丁寧な接客よりも、テキパキと動くことが求められました。

なぜタクシードライバーを選ばれたのですか?
スピードが求められる業務の中で、自分の性格を生かして「もっと目の前のお客さまに丁寧に時間をかけて接客する仕事がしたい」と思うようになりました。「じっくりと人と関われること」を基準に転職先を探しました。

探し当てた職場ですね!
治療者や講師の仕事を見ていたのですが、転職サイトでタクシードライバーが自分の希望とマッチすると出てきたのです。
求人ページを読んで、自分の性格は安全運転に生かせると思いました。
「究極の接客業」を謳う、会社でしたので、お客さま一人一人丁寧に接客が出来るのではと思いました。

ありがとうございます、仕事に対しての熱意をお聞きすることが出来ました。

実技が活かされている、転職先の一つに食料品スーパーもあります。

他業種からでも問題ない
食品スーパー社員は未経験から目指すことも十分に可能な業種です。
他の接客業からだけではなくデスクワークや技術職など全く関連のない職種から
食品スーパーに転職を果たし、活躍しているという人も多くいます。
経験よりも意欲や情熱を重視したいと明言している会社もあるので、
そういった面でも前向きに転職活動に臨める業界であるといえます。

経験者は即戦力に
同業種での経験がある人が即戦力として期待されるのはどの業界にもいえることです。
食品スーパーでも同業種の経験があることは大きなアピールポイントになります。
食品スーパーの社員は店舗の責任者を任されるため、
他業種であっても店長経験がある人は優遇されることが多いでしょう。
少し意外かもしれませんが飲食店で魚や肉の調理に関わっていた人も貴重な人材とみなされます。
食品スーパーの鮮魚・精肉担当は加工も行うため、前職で得た技術を大いに生かすことが出来るのは貴方の武器を最大限に使いこなす業種ではないでしょうか?

長く色々と書きましたが、飲食業というのは、意外とどの職業にも応用は効きますので
怖がらず、臆することなく転職を視野にいれてみてはいかがでしょうか?