045-550-7048 東京・神奈川・千葉・埼玉・宮城
06-6123-7797  大阪・兵庫・京都・愛知・広島・福岡

広告

GoToキャンペーン

感染防止

ウーバーイーツ(Uber Eats)の仕組み

飲食店 店長のやるべきこと

飲食店の客単価アップするぜ!のコピー

飲食業からの転職がしたい!飲食業で学んだスキルが活かせる職種や業界とは?

 

 

 

「飲食から他の職種へ転職したい」
「どのような業界に転職するべきなのだろうか」

 

このように考えている方も多いのではないでしょうか?

 

飲食の仕事や労働環境が合わず、違う業界や職種に転職する方は多いです。自分と相性の良い仕事を選べば、精神的・身体的ストレスも減り、より生き生きと働くことができるでしょう。

 

しかし、飲食からどこの業界に転職すればよいのか分からない、どんな職種を選べばよいのかイメージできない、という方も少なくないはず。

 

この記事では、転職したいけど就職が不安なアナタにおすすめの転職先を5件に厳選してお伝えします!

 

転職を成功させるためのコツや年代別のポイントなども紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

仕事を探す前に

 

さて、では飲食業からの転職におすすめな業界を紹介していく・・・・前にひとつ言いたいことがあります。
それは、まず転職する上で一番大切なこと「やめたい理由」を明確にしておくということです。

 

なぜなら面接のとき必ず聞かれるからです。

 

転職理由は面接で志望動機や自己PRと並んで必ず聞かれる重要質問です。
企業の方にどうやって伝えるかは後ほど考えるとしても、どうして転職をしたいのかは先に自分の中で明確化させておきましょう。

 

これは、次の仕事を選ぶ上でも大切なことです。

 

今は転職することに対して前向きなが風潮ありますが、当然ながら「転職すればするほど良い」というわけでもありません。理由を明確にしてから仕事選びに臨みましょう。

 

飲食業から他の業界に転職したい理由をいくつか上げさせていただきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

理由が明確であれば、ここは読み飛ばしてしまって構いません。

 

 

シフト制なので休みが安定しない

 

休みが安定しない。

出勤する時間がバラバラだと、リズムが乱れやすく生活も不規則なってしまうのではないでしょうか。
友達がカレンダー通りの休みだと、予定が合わず遊びに行けないなんてこもあるでしょう。

そういうことが続くとモチベーションも低下してしまいますよね。

 

 

年収が上がりにくい

 

飲食業界から転職したいと考えられる理由のひとつが、「収入」や「年収」といった金銭面の問題です。

収入の低さは、若いうちは大きな問題でなくても、年齢が上がり結婚して家庭を持ったり、子どもが生まれたりすれば現実問題としてのしかかってきます。しかし飲食業界は業界全体が低賃金の傾向があるため、年収アップのために他業種への転職を考える人もいます。

 

 

忙しい・体力的にもキツい

 

飲食店は基本的に長時間なことに加えて立って仕事がほとんどです。

例えば、ランチ、ディナーを営業しているレストランであれば、少なくとも数時間前から出勤。ディナーの営業時間は、22〜24時であることが一般的ですから、後片付けなどもすることを考慮すると終電で帰れるかどうかギリギリという時間になってしまいます。

そう考えると、定年まで飲食業で働くのは少し大変かもしれませんね。

 

 

飲食業から転職するメリット・デメリット

 

ここまで飲食業会の辞めたくなる理由を書いてきましたが、これまで積み上げてきた実績が高く評価されるのは、やはり同業種への転職です。飲食をはじめ、サービス業はハードワークなイメージが強いですが、夜勤のある仕事ばかりではありません。

ここでは、飲食店から転職する際のメリットデメリットを紹介します。

 

 

メリット

 

規則正しい生活が送れる

 

もちろん、どんな業界に転職するかによりますが、例えば事務職などに転職すると勤務時間も休みも決まっているので規則正しい生活が送れるようになります。

シフトがバラバラで買い物に行ったら店が閉まってた!

なんてことも、少なくなるかもしれません。

 

収入がプラスになる可能性がある

 

飲食業界の平均年収は他の業界に比べてかなり低いと言われています。

転職で業界チェンジ、もしくはより大手と呼ばれる企業へ転職することで、平均年収を上げていける可能性は高くなります。
少し生活のレベルを上げたり、貯金額が増えることで精神も安定するかもしれません。

お金が全て、というわけではありませんが給料も仕事を決める上で大切な要素です。

 

休みが安定して取れる

 

シフト制の職場だと、誰かが急に来れなくなったとき代わりに駆り出されるなんてこともあります。

けれど他の業種に転職・・・・例えば、営業職でも企業に対する営業を行う場合などは、その会社に応じて土日祝日なところも多いです。

休みが確実に取れると思うと通常業務も頑張れますよね。

 

 

デメリット

 

飲食業から転職するデメリットとして、転職先で仕事内容が0のところからスタートになることなどが挙げられます。

確かに、頑張って覚えた仕事を新しく覚え直すのは大変ですよね。
加えて、自分に合っていない業界に転職してしまったかも・・・・なんて転職した後から気づくこともあります。

例えばの話ですが、デスクワーク中心の業界に転職した場合、身体を動かしたい人にとっては辛い思いをするかもしれません。
また、比較的若い人が多い職場では先輩が年下なんてこともあります。
若い人に仕事を教えてもらうことが、人によってはストレスになるいうこともあるでしょう。

なぜ自分は転職するのか、どういう環境の職場に転職したいのかしっかり考えてから転職することをおすすめします。

 

 

飲食業から転職するのにおすすめ業界トップ5

 

ここまで読んでいただきありがとうございます。
・・・・では、色々と明確になったところで、ここから飲食業から転職するのにおすすめの業界トップ5をご紹介させていただきます。

長々とお待たせいたしました。

 

 

IT業界

 

ITと飲食なんて繋がりないんじゃない?と思うかもしれませんが、そんなことはありません。

コミニュケーション能力など今まで培ってきた経験が役に立つはずです。

今後もインターネットが存在する限りIT業界がなくなることはありません。また、近年では5Gの登場により、市場にも変化が生まれています。

なんだか難しそう・・・・・と思われがちですが。
テスターなど未経験からでもチャレンジできる仕事はたくさんあります。

 

 

介護業界

 

飲食業界と同じく人材不足で深刻なのが介護業界です。

介護業界は資格が必須と思われがちですが、まずは無資格でも就労可能な「介護助手」という仕事で、経験を積みながら資格取得しキャリアアップ目指すことも可能です。
給与が少なくなる可能性はありますが、飲食業界ほどの労働時間、勤務日数になることは稀です。
人とのコミュニケーションが好きな方に向いています。

給与を増やすためにも多くの内定を獲得したいのであれば、あらかじめ介護関連の資格を取得しておくとよいでしょう。

 

 

教育業界

 

教育業界は、飲食の経験を比較的活かしやすい業界です。

例えば、飲食店の管理ポジション(店長やマネージャー)で働いていた場合、スタッフやアルバイトの教育にも力を入れていたと思います。
「人を教育することにやりがいを感じる」「何かを教えるのが好き」「スタッフたちが成長していく姿を見るのが楽しい」という方は、教育業界でも飲食業界で学んだことを活かして活躍できる可能性が高いでしょう。

求人が多い職場でいうと、学習塾や資格スクールなどがあげられます。

 

 

建設業界

 

建築業界も介護業界と同じで、人手不足な業界なので未経験でも「やる気」さえあれば採用はされやすいでしょう。

また、業界の給与平均は月給にして36.9万円。 これを平均年収に換算すると550万円ほどになります。
国税庁の調べによると、給与所得者の1人当たりの平均給与は467万円ほどなので、平均より約80万円近くも上回る計算になります。

それに国が発注する公共事業は建設業界が行う事業のひとつ。ですので、消費者のニーズに左右される業界とは異なり、需要が絶対になくならない安定した業界であると言えるでしょう。

 

 

食品業界

 

飲食店で学んできたことを活かすなら、食品業界に絞って転職先を探すのも方法のひとつです。

飲食業界と食品業界は共通点も非常に多く、土日祝が休みのオフィスワークが希望なら食品メーカーやレストランチェーン店の事務職、製造に携わりたいなら食品工場といった幅広い選択肢があります。

一般家庭向けのパンやお菓子、加工食品など時代の流れに左右されず一定の需要がある商品を扱い、安定して業績を伸ばしている企業も少なくありません。

培った経験を充分にアピールできる業界だと思います。

営業職に転職するとしても、食材や加工食品の営業であれば飲食業界の現場で身につけた知識が大いに役に立つでしょう。食材や料理の知識をベースにしつつ、コミュニケーション能力や体力、気配りの細やかさなど、自分の長所を活かせる職種を幅広く探すことができます。

 

 

まとめ

 

転職では、転職理由などを明確にし「どうして転職するのか」「なぜこの業界を選んだのか」を伝えて企業の方を納得してもらうことが必要になってきます。

 

これまで積み上げてきた実績が高く評価されるのは、やはり同業種への転職です。なぜ自分は転職するのか、どういう環境の職場に転職したいのかしっかり考えてから転職する必要があります。

 

ですが、決して「異業種・異業界には転職できない」というわけではありません。
例え未経験からでも、やる気さえあれば始められる業界はたくさんあります。 また、今までの経験を活かして飲食業界との繋がりのある業界での転職を目指すのも、ひとつの方法でしょう。
本記事を参考に自分のスキルと経歴に合った理想のお仕事を探してみてはいかがでしょうか。

 

飲食業からの転職を考えているなら株式会社コーディアルにご相談ください。
希望に合ったお仕事をご提案させていただきます。