第二新卒の集団討論が行われる面接

 

企業の面接の中でも、集団討論が行われるような場合もあります。これは、面接担当から出されたテーマに基づき、複数の面接志望者が、意見を言い合うというタイプの面接になり、特に二次面接がある企業でこの形式を採用しているような場合があります。

面接形式は、面接志望者が4~8人ほど、そして面接担当が2人から4人ほどで進行をしていく形です。テーマが出された後、時間が与えられ、その後、持ち時間で意見を順番に述べて言う形で、最終的には自由討論に入っていきます。時間は1時間ほどまで与えられ、結構長く感じてしまうかもしれません。

面接を通じて、面接志望者の協調性、社会性、判断力から発言力までを評価される形になります。リーダーシップのタイプであるか、まとめ役になるタイプかなど、個性が判断されていると思って良いでしょう。

第二新卒として集団討論のコツとしましては、他の志望者の意見を尊重しつつ、自分の言いたい事は主張するというバランスが大切です。相手の意見を批判したりせずに、議論全体の動きを考え、スムーズに進行する事を前提に動く事が良いでしょう。第2新卒で無理したリーダーシップや自分を誇示するような事はせず、自分の個性をアピールする事が大切とされています。



 第二新卒トップへ
           


             29800円は高いのか? 安いのか? どちらでしょう???
 
          いつも人生を決めるのは貴方です!最高の転職活動にして下さい!


              


                   貴方にお会い出来ることを楽しみにお待ちしております。








 
                   Copyrights (C) 2007 DAINISHINSOTU CO.,LTD. All rights reserved.