第二新卒の面接試験の形式

 

面接試験には様々な形式があり、面接担当者に与えられた面接形式も幾つかの形式に分けられます。中には突拍子もないような面接形式を取り入れている会社もありますが、あくまで自分を持って受け答えができると良いでしょう。

第二新卒でまず一番多のが、標準面接法と呼ばれるもので、これは面接担当者も、面接を受ける側も最もやりやすい面接と言えます。何よりも大体その面接の内容が決まっていると言うのが特徴で、この標準面接法を取り入れているどこもの会社が、大抵同じような質問をします。何社も受けていれば慣れてしまうかもしれませんね。

質問をすることが相変わらず決まっており、面接志望者の回答に対しての評価の仕方も、点数で決められている、型にはまったタイプの面接と言えます。

自由面接法は、面接担当者が面接志望者に向けて質問する内容や方法を変更していきます。面接志望者の人柄、個性、判断力だけでは無く社会性と言った角度からも評価をします。どちらかと言えば、面接担当者の私的感情も反映されやすい面接形式だと言えるでしょう。

非指示的面接法と呼ばれるものもあります。第2新卒の面接志望者へと命題を与えずに自由に発言をさせることで、それに基づき、担当者が質問をするという形式です。個性を主張しやすい面接法として、時々みかける事があります。


 第二新卒トップへ
           


             29800円は高いのか? 安いのか? どちらでしょう???
 
          いつも人生を決めるのは貴方です!最高の転職活動にして下さい!


              


                   貴方にお会い出来ることを楽しみにお待ちしております。








 
                   Copyrights (C) 2007 DAINISHINSOTU CO.,LTD. All rights reserved.