質問コーナー (志望動機作成の3つのコツ!)
 




  
Q: こんにちは、24才で転職を考えている者です。
     その他に志望動機のコツってありますか?
 


  A:  こんにちは

        志望動機作成のコツですが

    【ワンランク上の志望動機作成ポイント NO.1】
 
     ・ 理由+体験を基本ベースにします。

     更に より論理性、説得力を上げるには

     志望理由は2つ,3つ上げる事がベストになります。

     話し方としましては 、

     「志望理由としましては1点ありまして
     1点目が・・理由、2点目が・・・理由
     1点目を具体的に言いますと・・・体験
     2点目を具体的に言いますと・・・体験」

     この話し方は早稲田、慶應などの上位校生などが良く使用する話し方

     になりますがとても論理的に聞こえます。


  A: 続き2

      【ワンランク上の志望動機作成ポイント NO.2】

          ・ 将来のキャリアビジョンを明確にする。

           これは「やる気」のアピールにも伝わりますが

      「5年後、10年後にこの会社で一体何をやりたいか?」

      を明確に答えられる様にしておく事をお薦め致します。

      そうは言っても、5年後、10年後に何をやりたいか?

      を えがき答える事は非常に難しい部分でもありますね 

      例えば

      「漠然とはしていますが、5年後には ある程度の実績をあげて
      10人程度の部下をマネージメントしている立場に立ちたいと
      思います。なぜなら学生時代にアルバイト長の経験から
      マネージメントに興味を持ちました・・・」

      という風に やはり体験を加えるのがコツです。

      曖昧な回答でも 体験談がプラスされると説得力が

      あるように感じられます。

      曖昧な理由 + 体験 です。

      ですので話せれる体験を準備する上でも過去の棚卸しはとても

      大切です。


  Q: 続き3

      【ワンランク上の志望動機作成ポイント NO.3】
 
       ・ 「もし入社した場合は自分は何が出来るか?」を明確にし、伝えて
       下さい。

       以前の候補者様の中でセミナー会社を希望されていた方がいまして
 
       二次面接の時に独自の提案書を持って来ていたのには驚きまた!

       自分の強みは○○なので 将来的に、こんな事をやってみたい

               です。
  
       ここまで能動的に動いてくれると 人事担当者は感動します。

       結果としてその候補者の方には、二次面接時に内定が出ました。

       提案書の作成までは されなくても良ろしいですが、自分の強みは

       ○○なので御社でこんな事が出来ると思います。と話せる様に準備

               はなって下さい。

       世の中で自分の強みは何か?を把握している方は少ないと思い

       ます。

       且つ その強みを他の人と比べて、どの位アピール出来る材料かを

       自分で判断するのは至難の技になります。

       ですので 第三者的視点での率直の意見をフィードバックしてもらう    

       と明確になります。  
 
       では 誰に会えば良いかと言いますと、やはり、転職に毎日関わっ

       ているキャリアカウンセラーの方に会う事がお薦めです。 

        貴方の強みを見極め、貴方の体験を元にした志望動機の作成

             を誘導できるカウンセラー、貴方を的確にマネージメント出来るキャ

       リアカウンセラーの方に会う事をお薦めします。

             よいキャリコンに出会えれば 今まで通過できなかった企業レベル

             ですら、通過できる様になる位、違いがあります。

  【まとめ】
  
  ・志望動機は必ず 「理由 + 体験談」で答えましょう。
  ・自分の過去の体験談を話せるように過去の棚卸しをしましょう。



           



             29800円は高いのか? 安いのか? どちらでしょう???
 
          いつも人生を決めるのは貴方です!最高の転職活動にして下さい!


              


                   貴方にお会い出来ることを楽しみにお待ちしております。




 
                   Copyrights (C) 2007 DAINISHINSOTU CO.,LTD. All rights reserved.